サイトメニュー

何で顔が大きくなるの

顔に触れる女性

原因と結構意味ある針の話

心なしか以前よりエラが張ってきたと感じる人も多いように、年齢を重ねることで顔は大きくなる場合があります。だからといって全員エラ骨が発達するという訳ではなく、ほとんどの場合下顎の筋肥大が原因です。その筋肉は咀嚼で使う咬筋であり、数ある顔面筋の中でも一番大きなサイズを誇っています。筋肉なので使うほど増大していき、硬い物を噛んだりするほか、歯ぎしりといった噛みしめ行為によっても肥大するのです。特に歯ぎしりはかなり力を入れるため、普段から頻繁に行っている人ほど増大しやすくなります。ですからエラ骨が出っ張っていなくても、咬筋が膨れ上がることでエラが張った見た目になる訳です。これを改善して小顔へ戻すには咬筋を使わなければ良いのですが、残念ながら咬筋だけを動かさずに咀嚼することはできません。しかし改善方法は残されており、それが美容整形外科で受けられるボトックスの小顔注射です。筋肉が動くキッカケであるアセチルコリンの働きを鈍らせてくれるため、ボトックス治療なら咬筋だけを意図的に止められます。どんな手術でも麻酔はつきものとなっており、美容整形クリニックで行われる施術も例外ではありません。ですが、ボトックス注射は痛みが比較的マイルドなため、麻酔不要で受けられるクリニックも数多く見られます。美容外科では同じく注射だけの治療として、ヒアルロン注射もありますが、こちらは麻酔を行うのが一般的です。ではその違いはどこにあるのかですが、それは治療で用いる注射針のサイズにあります。粘り気のあるヒアルロン酸と違い、生理食塩水に溶解するボトックスは細い針でも難なく注入できるのです。ただし注射針のサイズは美容クリニックによっても若干違うため、豆知識として頭の片隅に置いておくと良いでしょう。痛みの少ない治療に力を入れているクリニックほど注射針に拘っていたりもしますから、ボトックスでエラを治療する際は注目してみてください。また、ボトックスのエラ治療は予防接種のように一か所だけ刺すのではなく、エラの筋肉へ少しずつ、数か所に分散して打つのが基本です。さらに針が細ければ内出血が防ぎやすいことも豆知識なので、その意味からも注目しておくと良いかもしれません。

気軽にできるのが一番魅力

医者

ボトックスは、とにかく気軽にできるというのが魅力的です。ダウンタイムがないことや、費用もお手頃なのでエラで悩まれている方には一番おすすめしたい施術方法です。周りにバレることもなくエラを解消することができます。

詳しく見る

個人差が大きい施術

注射器

ボトックスエラは施術を受けた時の効果の出方に個人差があるので、自分自身でどれくらいの効果があったかや持続時間をチェックしておくようにしましょう。また価格に関わらず医師の技術力を確かめておくことも重要です。

詳しく見る

大きな顔をスマートに

医者と看護師

担当医の技能でも仕上がりが違うため、ボトックスでエラ顔を小顔にする際は、この治療を習熟したドクターを選びます。モニター価格などを除き、ボトックスのエラ治療は5万円から10万円が相場ですが、マイクロボトックスはもう少し高くなるのが一般的です。

詳しく見る

クレンチング対策にも

注射器

ボリューミーな咬筋をスリムにして小顔にするほか、ボトックスのエラ施術はクレンチング対策にも活用できます。治療する際は医師選びも準備の一環であり、クレンチング対策でボトックスのエラ施術を受けるなら、予約の時にその旨を伝えておくとスムーズです。

詳しく見る

角張り顔がおさまる仕組み

カウンセリング

硬い物を食べ続けて顔が角張っても、筋肉の弛緩作用を持つボトックス注射を受ければ、エラの角張りがおさまって小顔になります。また小顔をキープする目的で連続治療を受ける時は、体が薬に慣れるのを防ぐため、一定期間経ってから再施術するのがルールです。

詳しく見る

人気記事