サイトメニュー

角張り顔がおさまる仕組み

カウンセリング

連続治療の基本ルール

硬い物でもバリボリ噛み砕ける健康な歯やアゴはとても魅力的ですが、だからといって硬い物ばかり好んで食べておりますと、エラが発達して四角い顔になってしまいます。ですがそのような理由で顔が角張った場合でも諦める必要はなく、美容整形外科でボトックスを打てば治せるので安心です。治療ではエラを角張らせている筋肉に、生理食塩水で溶解したボトックスを打ち、エラ顔の原因筋肉を弛緩させます。するとその筋肉は物を噛んでも力が入らなくなりますので、筋肉が委縮していき、角張りがおさまるという仕組みです。例えばお年寄りの方でも、毎日出歩いて運動をしていれば筋肉もシッカリしていますが、出歩かなくなれば筋肉が細くなるのと同様の原理になります。また、ボトックスのエラ施術は注射器のみで行いますが、非常に細い特別な注射針で打つため、麻酔をしなくても受けられるのが一般的です。ただし痛みに弱い人は事前に頼んでおけば麻酔を掛けてくれますから、必要だと感じた時はカウンセリングの際に申し出ておきましょう。4カ月から6カ月前後がボトックスでエラの角張りを抑えられる期間のため、効き目が終わればゆっくりと元の顔へ近付いていきます。しかし、ボトックス注射は連続治療ができるので追加治療を受ければ、そのまま小顔をキープすることも可能です。連続治療を行う場合はちょっとしたルールもあり、一定期間経過してから再施術するのが基本になっています。できれば少なくとも4カ月間は治療を受けない方が望ましいのですが、ボトックス治療は回数を重ねるごとに持続期間が延びるため、治療サイクルは医師の判断に従うのがポイントです。治療サイクルが短ければ体がこの薬に慣れてしまい、効き目が出にくくなるので初心者の方は理由も一緒に覚えておくと良いでしょう。また、ボトックスには種類が複数あるため、初心者の場合は個々の違いが良く分からず、選ぶ時に困ることも多々あります。もしもその際は目的に合わせて選ぶのが良く、例えばエラの角張りを効果的に抑えて持続期間も長い方が良いのなら、厚労省認定のボトックスが最適です。